赤西仁を、KAT-TUNを、
愛してやまないおねぇの日常。
わいわいぎゃいぎゃい子供みたいに騒ぐ彼らがいとおしい。
彼らが私のPRECIOUS ONE。

** 2006/7/4 OPEN **

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

/ / - / - / - /
<< 惑星旅行にっき / main / 夜更かし >>
いつか、見てみたいのです
 今日はお母さんと映画を見に行ってきました。
「おと・な・り」です。
ネタばれしたくない方もいるかもなので、感想は続きから〜。
 



すごく素敵でしたーーーー!!!!!!><*
めっちゃ好みだった。
映画で大事なポイントである「音」も、映像や風景も、
それから衣装とかお部屋のセットとかのセンスもすごく好き。
色合いがとってもかわいいの!><
そして岡田くんもカッコイイし、麻生さんがほんとにほんとにほんとにかわいくて!
あの透明感は素晴らしいです。きれいで、かつキュート。
あこがれるよね〜・・・。
声も聞いててすごく心地よくて、素晴らしい女優さんだなああと思った。

お話も、キュンとしました。
ああ、恋愛ってやっぱいいなーって、
理屈では説明できない何かが絡むものだなーって改めて。
いい恋したいな!と前向きな気分になったよ。
あと、自分の日常もすごく大事にしよう、とも強く思いました。
一見派手でなくとも、地味に見えるかもしれないけど、よくよく見てみたら、
自分の送る生活も、周りの人たちも、環境も、それぞれのドラマがあるよな、って。
うまく言えないけど、そんなことを感じた。


で!で!で!キュンとした話に戻るんだけどねー!(テンション高)
映画の一番最後、エンドロールでの聡と七緒の会話
(めでたくカップルになったぽい♪)が、
超超ツボで!!!!!><><><><
ハッピーエンドだったことと、その2人の雰囲気ですっごく甘い気持ちになった。


でも、そんなすっごくいい気分で浸ってたところにね、
すーって藤島ジュリーさんの名前が流れてきて、
一気に「あ!ジュリーさん!!!^^」って現実に引き戻されたよ。
しかも続いて流れてきたスタッフさんの名前がね、

「田口 聖」 だったのねwwwwwwwww

でんでん!!!!!!!!><><><><><

ってなった私は、もうほんっとにジャニヲタだなあと。かつん担だなあと。
こんなとこでも改めて実感した次第です(笑)



それにしても、映画自体の感想と別に思ったことがあるんですけど。
こういうテイストの映画での仁を、いつか見てみたいなあ、って。
曲がりなりにも仁担である私は、そう思ってしまいました。
だって、絶対絶対素敵だと思うんだ。
静かで、「声」がとても生きてくるこういう映画に仁が出たら、きっと。
今度のバンデージもすごく楽しみ。
そして、その初主演の映画をスタートに、いつか、こういうテイストの映画に、
仁へのオファーがきたらいいなあと。
それが実現したらいいなあと。
そんなふうに夢みてます。
(っていうか、誰かそんな監督現れるんじゃないかと私は確信してるんだけどね)←

はー、ほんとに素敵だった〜、おと・な・り。
もっかい見に行こうかな、って思っちゃうテンションだよ。


ではでは、今日はもう寝ます。おやすみ〜。
/ 01:29 / えいが / comments(1) / - /
スポンサーサイト
/ 01:29 / - / - / - /
COMMENT
こちらにコメントはお初でしょーか、まこりんです^^
ちはるさんって麻生さんと見た目も雰囲気もどことなーく似てる気がするのですが。
ほわんとした感じとか。
今はどうかわからんのですが、去年のジャンプコンのときボブっぽかったので、見た目の印象もダブってます^^

わたし映画全然見ないんですが、これ読んでて見てみたいな〜と思いました。
それに岡田くんの最近出てるようなささやく感じ(?)の映画って、実はじんくんにも一番マッチするんじゃ…なんて思ってしまいます。

ではでは!
/ まこりん / 2009/06/06 5:38 PM /